ナマケモノについてほんの少し調べてみた

【お知らせ】YouTubeもやっています。チャンネル登録よろしくお願いします。

スポンサードリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9090393176543383"
data-ad-slot="2441035476"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


おはようございます、くろろじにうずの時間です。

昨日の記事を書いている最中にナマケモノっていう単語を出してしまったがために、ナマケモノが本当に怠けているかどうかを検証したくなったんです。

そもそもナマケモノなんていう命名をしたのは人間ですからね?見た目で判断しているだけだと思うのですよ。

ナマケモノ
そのゆっくりとした動作から「怠け者」という呼び名がついた。英語名の Sloth も同じく、怠惰やものぐさを意味する。体長は約41-74センチメートル。四肢は長く、前肢のほうが後肢より長く発達している。長い鉤爪を持ち、これを木の枝に引っ掛けてぶら下がっている。
ナマケモノ – Wikipedia : https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%9E%E3%82%B1%E3%83%A2%E3%83%8E

 
ほらやっぱり見た目で判断してるじゃん?

 
 
というわけで、本腰入れてナマケモノについて調べようと思ったのですが、実際に観察もしていないのでハッキリしたことを書くのもニュースサイトとしてどうかと思うんです。ただ、一つだけどこでも書いてある内容があったので、そこだけ突っ込んで早々に試合終了に持ち込みたいと思います。

ナマケモノ
16世紀にヨーロッパに初めて紹介された当初は、餌を全く摂らず、風から栄養を摂取する動物だと考えられていた。しかし実際には1日に8gほどの植物を摂取している。
外気に合わせて体温を変化させることにより代謝を抑えている。つまり、現生哺乳類では珍しい変温動物である。このことや前述のように行動も遅いため基礎代謝量が非常に低く、ごく少量の食物摂取でも生命活動が可能となっている。
ナマケモノ – Wikipedia : https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%9E%E3%82%B1%E3%83%A2%E3%83%8E

 
 
 
 
 

1日に8gしか食べないの!?
 
 
 
 
それでいてあの肉付きをしているの!?

 
 
 
ナマケモノ大丈夫!?

 
 
 
 
 
だんだん心配になってきた…(この記事も怠けてんぞ)


スポンサードリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9090393176543383"
data-ad-slot="8679495980"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">

くろろじ
くろろじのプロフィール 81 本 執筆しました
くろろじにうず創設者。飽きっぽい性格だけはどうにも出来ないようです。