「了解しました」を目上の人に使ってはいけないはデマ。でも「承知いたしました」を使わなければならないデマも現実になっちゃった話。

【お知らせ】YouTubeもやっています。チャンネル登録よろしくお願いします。

スポンサードリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9090393176543383"
data-ad-slot="2441035476"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


おはようございます。くろろじにうずのお時間です。

社会人ともなると言葉遣いに気をつけなければなりません。今まで「ごめん」で片付けていたものは「大変申し訳ございませんでした」なんかに変換しなきゃいけなかったりで、敬語というものを軽視していた人にとっては難しいスキルだったりします。

というわけで、今回はこんなネタリクエストをいただきました。

【ネタリクエスト】匿名でまだ消耗してるの?さん
「了解しました」を目上の人に使うのは失礼というのはマナー講師が生み出したデマだったようですが、意外と浸透してきてむかつきます。

この「了解しました」を「承知いたしました」に変換しなければならないという話題はWEB上でも議論になったことがあります。知らなかった方は今もう一度ここでハッキリ言いますが、んなこたぁない。

詳しくは下記のブログでめちゃくちゃ詳しく検証されているので、参照してみてください。

「了解しました」より「承知しました」が適切とされる理由と、その普及過程について | 東京上野のWeb制作会社LIG
http://liginc.co.jp/246919

今回の記事で言いたいのは、「へぇ!承知しましたってデマだったんだぁ!」っていう気づきを与えるものではなく、誰かが編み出した「こうすべき!」っていうのは、現実に浸透してしまう可能性があるという話です。

この時点で「え!?了解しましたってダメだったの!?」という方は、
 
 
 
 

そのままご利用下さい

 
 
 
 
しかし、このデマの影響力は思った以上に広いです。会社内で広まってしまった文化で、「承知いたしました」を推奨している場合は今更それがデマだと言っても聞かないかもしれません。

むしろ、それがデマだったんだよと伝えたところで「お前ら全員了解しましたに戻せぇえええええ!!!」って会社なんてありません。

現実を受け入れて、「承知いたしました」をご利用下さいませ。

 
 
 
 
  
終わっちゃったじゃないですか。

 
 
 
 
 
  
何この真面目な記事。っていうかね、真面目すぎても良くないと思うのですよ。

僕からしてみれば「了解しました」なんて言葉より「了解!」って言っちゃってもいいと思いますよ。

んーなんかもう了解すら真面目だなぁって思いますね。僕レベルになると。

そうですね。新しい言葉にしてもいいかもしれない。

 
 
了解しましたっていうのはそもそも「わかりました」の上位互換的な意味だと思うんですね?

わかりましたっていうのを超遠回しにしたものが「承知いたしました」っていう言葉だとするなら、わかりましたが短距離走。承知いたしましたが長距離走です。

でもまだ走ってるじゃないですか?

 
 
 
もっとじっくりゆっくりと歩いてみてもいいんじゃないかなぁと思いますけどね。

っていうわけで、みなさん了解しましたなんて言葉を使わずに明日からこれを使って下さい。

 
 
  
 
「しょいしょ~い♪」

「って~い♪」

「ちょり~っす♪」

 
 
 
 
こんな感じでも大体わかるやん?「あ、分かってくれた感ある」っていうのをニュアンスで示してみました。

若干ムカつくでしょ?僕もムカつきますもん。これ言われたら。
 
 
 
 

先輩「ごめん!この書類印刷してくれないかな…!いつも頑張ってるね、よろしく!」

後輩「ちょり~っす♪」

 
 
 
 
 
黙れこの野郎

 
 
 
 
 
やっぱ無しです。さっき気軽に提唱した3つのやつなしです。全部「了解しました」に統一で一件落着です。やっぱりお前ら走ってろと言いたい。俺でさえ走ろうと思いましたもん。むしろ「承知いたしました」の偉大さがわかりましたね。

まぁ、さっき書いた3つと「承知いたしました」の方がいい!ってまったく同じノリだと思うのです。マナーよく聞こえるために考えられたのが「承知いたしました」だとしたら、相手を怒りの渦に巻き込むのがさっきの3つなわけです。

情報を与える側というのは、いとも簡単に提案が出来るわけです。

というわけで、書籍・WEBに書いてあることっていうのは僕みたいに何も考えずにキーボードカタカタしている人もいるということに気が付くことが重要です。

 
 
 
 

もしもね、「しょいしょ~い♪」「って~い♪」「ちょり~っす♪」が流行ったら

 
 
 
僕笑ってるだけですから。


スポンサードリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9090393176543383"
data-ad-slot="8679495980"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">

くろろじ
くろろじのプロフィール 81 本 執筆しました
くろろじにうず創設者。飽きっぽい性格だけはどうにも出来ないようです。