YouTube動画を仕事にするために、やったほうが良い5つのこと

【お知らせ】YouTubeもやっています。チャンネル登録よろしくお願いします。

スポンサードリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9090393176543383"
data-ad-slot="2441035476"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


正しいニュースを面白おかしくご紹介していく「くろろじにうず」へようこそ。

そして管理人のくろろじです。どうも、こんにちは。

そろそろ世間の役に立ちたいわけですよ。この世はギブアンドテイクで成り立っているみたいなところがあるじゃないすか。与える側と、与えられる側みたいな。

でもここ数日の投稿では、ギブしてもギブしてもテイクが返って来ないような気がしていて、そもそもお前のギブはギブなのかっていうところから疑ってかかってみようかなと。飛べないギブはただのギブだ言われてる気がしたんです。

超ギガ級のギブを与え続けることにより、いつの日かテイクが返ってくるかもしれないじゃないですか?

ここの管理人ですが、動画とWEBサイトをつくる仕事をしています。もう少しかっこよく言えば映像制作とWEB制作を承っております。

例えばこんな動画を作ってきたわけです。

ミュージックビデオ、プロモーションビデオ、YouTuber型の動画を制作しているんです。

こんな動画を作っているのだから、YouTuberとしてもすごいんだよね?と突っ込まれそうですが、僕ユーチューバーじゃないんすよ。

単なる動画制作者です。むしろ、クリエイター…そう!クリエイターです!(思いついたように言うな!)

だけど、YouTubeに投稿するためにやることのほとんどは知り尽くしてますから。実行力みたいなものがあるとして、僕の場合実行しているのがこのネタ記事で精一杯なわけです。

今回はYouTuberになりたい方はもちろん!YouTuberになるまでもないけど、YouTubeに投稿するのってどうゆうことするの?という方にオススメなんじゃないかなと。現役のYouTuberの方も楽しめるような内容になっちゃうかもしれません。僕はユーチューバーじゃないんですけど。

そしてこの内容は誰かから聞いたものではなく、くろろじにうずオリジナル記事となりますので、信頼するかどうかはあなた自身に全て委ねます。

それでは、いざ参ります!

1.【やりたいこと探し】憧れのYouTube投稿スタイルを目指そう

この記事を見ている方は少なくともYouTubeに興味があるんじゃないですかね?見てる側じゃなく、投稿していく側になってみたいと。ぶっちゃけてしまうと、スマホで適当に撮影した動画をYouTubeに投稿すれば立派な投稿者になれます。

ここまでは分かりますよね!?動画をYouTubeにアップロードするのが基礎なわけですよ。

で、YouTubeに動画を投稿することで収益化ができて、頑張ればワンチャンその収益だけで食べていけるようになる夢のような構造になっているので、小学生のなりたい職業に「ユーチューバー」がランクインしている世の中です。
https://www.jafp.or.jp/personal_finance/yume/syokugyo/files/ranking.pdf

ですが、中には別に自分自身をカメラで撮影するんじゃなくて、声だけで解説する動画とか、ゲーム画面をキャプチャーして共有したいだけという方もいるじゃないですか。

今回はそうゆう「楽な方法でお金を稼ぎたいと考えている人たち」にも役立つネタになっているんじゃないかと。

というわけで、この記事の本質はこんな感じです。

「YouTubeでお金を稼ぐためというよりも、YouTubeで動画を投稿するためのモチベーションをぐっと上げて【好きなことで生きていく状態】を作り出す」

これをご紹介できればと思っています。

というわけで、やりたいことを探すことを最優先してください。ゲーム実況がやりたい!とか、とにかくユーチューバーがやりたい!とか、自分専用ラジオを作りたい!とか、そうゆうことです。

このやりたいことがなければ、「YouTubeで継続的に動画をアップし続ける」は不可能です。

逆に言っちゃえば「好きなことじゃなきゃ、生きていけない」ってことです。YouTubeに関しては。

2.【環境づくり】YouTubeに動画を投稿するために、動画に関する全てを揃える

やりたいことが決まったら次は環境を作っていくのが大事です。もうここは妥協してはいけない。ここを妥協すると、絶対もっと良い機材が欲しくなっちゃいますからね!妥協 is 良くないこと。

全員必要なのが上の3点でしょう。

  • 動画を編集するためのパソコンか、スマホ
  • 動画を編集するためのソフトか、アプリ
  • YouTubeのサムネイルをつくるためのソフトか、アプリ
  • (声を録音したいなら)ノイズの少ないマイク
  • (実写の動画をやりたいなら)高画質で撮影できるカメラ
  • (ゲーム実況をやりたいなら)キャプチャーボード

今の時代、アプリからでも動画編集ができます。ですが、僕はあえていいます。頻繁に投稿するならパソコンはほぼ必須です。

そして、どのパソコンでも良いわけではありませんよ!例えば、パソコンを起動していてそもそも起動画面で10分くらい待っちゃったりするパソコンを使っている人は即退場です。

わからない方は「動画編集用のパソコンが買いたいです!」っていうのをパソコン屋の方に言いましょう。ざっくり言っておくと、デスクトップ型パソコン・CPUはi7・メモリは16GB以上・HDDは2TB以上のものだと安心です。

パソコンについては下記の記事でもやんわり伝えてみました。詳しく知りたい人は、もっとググれ。
【初心者向け】あなたのパソコン選びを助ける、PCパーツをざっくりと解説!

もしスマートフォンだけでやりたい方は彼の動画が参考になります。僕自身はスマホでの作業はストレスしか溜まりませんでした☆

とにかく、YouTubeで動画投稿したいならパソコンの知識はあったほうが良いです。動画編集して「なにこれ動かないじゃない!」っていうのは甘えです。

3.【練習】失敗しても良いように、捨て垢を作って、実際に投稿するまでやってみよう

この項目は特に自分自身が映像に映る方向けです。まさにユーチューバーですね!

よく懸念されているのが「自分の姿をネットにアップしてしまうと、やり直しが難しい」ということです。

これはもう、物理的に仕方がないんですよ。自分は一人しかいないわけですから!もし、クローンがいたとしても外見が一緒なので、一度でも露出してしまうと黒歴史になりかねません。

それは嫌ですよね!?

というわけで、それを防ぐ手段として失敗しても良いアカウントを作ってYouTubeに限定公開するという保険をかけるのです。

まずは試しにそれで1ヶ月間は動画投稿をし続けてみましょう。もうこれで行ける!という覚悟が決まったら本番のアカウントでやってみると良いんじゃないでしょうか!

そして、動画編集について知りたい!と思っている方もいるかもしれません。基本的には自分とやりたいことが似ている人の動画を真似するのが一番なのですが…。

動画編集ソフトは、無料であれば「AviUtl」、有料であれば「Adobe Premiere Pro(月額)」がおすすめ。

とにかく映像をカットする、見やすい配置にする、効果音をつける、テロップを加えるなどやることが多いですが、上記のソフトでそれらは完結するはずです!

詳しいチュートリアルこそ、YouTubeで探してみると良いのではないかと思います。(紹介しないのかよ)

4.【作戦会議】動画を世の中に広めるために、調べ尽くそう

動画投稿を続けていると、再生数が気になりだすわけですよ。当サイトくろろじにうずも閲覧者数が気になりだして仕方ないのですが、ちゃんと広めるためには市場を調査していく姿勢が大事です。

(ちなみに当サイトでは市場調査はせず、完璧に自分の趣味なので、人気になったらラッキーくらいにしか考えていません。)

動画について調べると言っても大まかに言えば2つです。

  • 動画の見やすさ
  • 動画を見てもらえるためのルート作り

この2点がすごく大事。

動画の見やすさというのは、クオリティのことです。見やすさとかデザインとかを意識するのは編集において重要ですからね。あのHIKAKINさんの動画だって、よくよく考えてみるとなんでそんなところに効果音が入ってるんだろう?なんで色が変化するんだろう?という発見があったりもします。

次に動画を見てもらえるためのルート作りですが、これはWEBで言えばSEO対策とかと似ています。YouTubeにも検索エンジンがあるので、人気コンテンツやあまり人気じゃないコンテンツなんかを検索することができるわけです。少数派コンテンツっていうのはいきなり波が来るかもしれないので、今のうちからやっておけばその界隈でワンチャンを狙えるという可能性もあるわけですね。

あといちばん大事なのは動画のサムネイルだと思います。動画をクリックするときの一枚絵のことね!あそこで、いかに釣れるかどうかっていうのが全てなんじゃないかと。

YouTubeで検索に引っ掛けやすくしたところで、結局クリックされたりする要素っていうのはテキスト情報と、サムネイルの二つくらいですからね!

ここを掘り下げていかないと新しいYouTubeチャンネルで再生数を稼ぐのは難しいんじゃないかと思います。

5.【作戦実行】ついに本番投稿!YouTubeデビューおめでとうございます!

さて、いよいよ自分がやりたい動画をちゃんと公開する段階まできました。この時点で「自分がやりたいこと」と、「どうやったら動画を伸ばすことができるか」という考え方を明確にしておく必要があるわけですね。

そもそもGoogleはYouTubeチャンネル登録者数が1000人いくまでは収益化することが出来ないと発表しています。

動画から収益を得るには
2018 年 1 月 16 日、YouTube はパートナー プログラムの新しい資格要件を発表しました。チャンネルの過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間、チャンネル登録者が 1,000 人に到達すると、このプログラムに参加できるかどうかが審査されます。
https://support.google.com/youtube/answer/72857?hl=ja

なので、最初はもはや「好きなことをやる」という習慣をつくるほうが重要なわけですよ。この時点でお金お金言うてやってたら続かないと思います。だって、チャンネル登録者数1000人いかないとお金がもらえないですからね!

無償の愛を捧げ続ける必要があります。それが苦しいくらいなら「辞める」か、「楽しむ」かの2択です。

この知識を持っているかどうかで、何も知らずにYouTubeを始めようとする人とは明らかに差が出るはずです。何も知らずにYouTubeを始めていい感じになっちゃった人も絶対にいると思いますが。

最後に、ここまで書いておいてあれですが、僕はユーチューバーじゃないからね!?

こんな適当なネタサイトの言うことを信じるかどうかはアナタ次第です。

【おまけ】友達のYouTube動画のお手伝いをしました

Twitterで仲良くさせていただいているASDさんが動画を使って面白いことがしたいというので、全体的に制作フローを教えたり、飯を食ったりしてきました。そして、ついでにYouTube動画の最後の画面をお手伝いさせていただきました。

実物はちょっと違いますが、こちらです。(ボツ画像です)

YouTubeを見ている方なら分かるかもしれませんが、動画の一番最後にオススメ動画を貼ったり、チャンネル登録を促したりする画面があるのです。こういった画像のデザインもYouTubeをやっていく上で大切なんです。

まぁ、何が言いたいのかというと

 
 
 

僕もユーチューバーになりたい。

 

な、なればええやん。


スポンサードリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9090393176543383"
data-ad-slot="8679495980"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">

くろろじ
くろろじのプロフィール 81 本 執筆しました
くろろじにうず創設者。飽きっぽい性格だけはどうにも出来ないようです。